2017年9月1日金曜日

またな!

MEDIAとSNAKEで一緒にバンド活動をしてきた飯塚が亡くなりました。



高校の同級生であり、親友であり、バンドのメンバーであった飯塚。
普段は大人しい奴だったけど、芯がしっかりしていて優しい男だったなぁ・・・

とまぁ、あまり湿っぽくなっても飯塚は喜ばないと思うので、普通に書きます(笑)

高校で出会った俺達はすぐにバンドを組んだ。それがMEDIAです。
写真は19歳頃かな。神楽坂のEXPLOSION。



下の写真は左から飯塚、俺、純也。あの当時の衣装って感じでしょ(笑)



ピースが可愛い写真は(笑)鹿鳴館の階段だと思う。
MEDIAのTシャツ着てるね。これはドラムの田村が作ったんだよな。
俺も探してみようかな、絶対に着れない体になっちゃったけど(笑)



その後、お互いに色々なバンドを経験してSNAKEでまた一緒に演ることになった。





原ちゃん(Dr)と飯塚のツーショット。
METAL BATTLEで大阪行った時。



翌日、目黒でのMETAL BATTLE。
SNAKEの歴代ベーシスト達が勢揃い!!!



ツアー中に後部座席で爆睡の飯塚(笑)



通夜が終わって、通夜ぶるまいで飯塚の弟や親族の方にご挨拶させてもらって、集まった仲間達と飲んでさぁ帰ろう、とした時に、棺の中にみんなのメッセージを入れるというので、はてさて、何を書こうかと迷ってしまった。

たしかに飯塚は亡くなってしまったんだけど、そんなのすぐに俺の中では受け止められなかったし、気の利いた言葉も思い浮かばなかったので、また会うつもりで「またな!」とだけ書いた。

その後、帰り道が一緒だった奴らとまた少し飲んでから家に帰った。
電車で一人になった瞬間に、なんだか泣けてきて、人前なのにまぁまぁ泣いた。
電車降りてから家に着くまでの道でも結構泣いた。
他の奴らも一人になった瞬間からたぶん泣いたと思う、誰もそんなこと言ってないけどね(笑)

通夜の時、飯塚の弟が俺に泣きながら言ってた。
「兄貴はバンドやってた頃が一番楽しかっただろうし輝いてた」って。
「だからバンドのメンバーとかが今日はいっぱい来てくれて絶対に喜んでる」って。

俺もそう思う。
ガキの頃から一緒にバンドやって楽しかったし、仲間もいっぱいできたしな。

リハの時とか時間が空くたび俺のギターを弾きまくってたから、本当はギタリストになりたかったんだろうけど、高校の時、俺が「ベースいないからお前やれよ」なんて無理やり押し付けてごめんな(笑)
でもさ、お前のベースは一緒に演奏していて凄くやりやすくて頼もしくて安定感抜群だったよ。

俺がさらに年老いて死んじゃって、あの世でまたバンドやることになっても、お前はまたベースだからな(笑)
その時まで!!!またな!!!

0 件のコメント:

コメントを投稿