2016年4月2日土曜日

またしても・・・

鳥栖戦、大津がゴールした瞬間、喜びを爆発させた俺は、足を踏み外し5段ほどコンクリート製の階段を転げ落ちた。
恥ずかしかったのですぐに立ち上がったが、転げ落ちる俺を見ていた友人たちは「これはこのまま病院に直行か?」と思ったらしい。
頭は打っていなかったようで、痛かったのは左手親指だけだった。かなりの痛さだったが、その時はつき指の酷い感じ程度に思っていた。
翌日、起きて指を見てみると、なんか腫れてる気がする・・・で、家に戻ってから家族に見せると「腫れている」と言われ、もしかしてまた骨折したのか・・・?と不安になる(笑)





月曜日は仕事が忙しかったので、翌日の火曜日に病院に行きレントゲン。結果は「剥離骨折」というものだった。
診てもらった病院では処置できないということで、手の専門医がいる病院を紹介され数日後に予約を取り病院へ。
CTをとり詳しく診てもらい一番嫌だった手術ということになってしまった・・・

骨折してから約1週間後の姿がこちら↓



現在、指が動かないように釘のようなピンのような、よくわからないものが入っている。剥離した骨も針金のようなもので仮固定してある。俺の左手にそんなものが入っていると考えただけでゾワゾワと怪我した部分が痛くなる(笑)
みなさん、ゴールで嬉しくても、はしゃぎすぎるのは危険ですよ!!!

0 件のコメント:

コメントを投稿