2012年8月23日木曜日

やられちまった・・・・・

購入からまだ1ヵ月も経っていない
スピードウェイ モーターサイクルシェルター。
壊されちまったぜ・・・(ーー;




なぜ、このようなことになったのか

近所で住宅の工事をしている業者のダンプが、
ウチの前を通過する直前に電工ドラム本体をダンプから落とす。
     ↓
電工ドラムの先はダンプに積んである発電機に繋げたまま。
     ↓
コードがカルディナ君のフロントバンパーに絡みつく
     ↓
バンパーに絡みついたコードの先が、バイクカバーも巻き込む。
     ↓
ダンプに引っ張られたコードの圧力に耐え切れずカバーが破れる。
     ↓
異変に気付きやっとダンプが停車。

ま、こんな感じです(ーー;

ようするに、電源コードをダンプの力で引っ張りまくって、
車のバンパーを傷だらけにし、バイクカバーを引き千切ったってわけですな。

しかし交差点を曲がる時に、ミラーとか見てないのかね。
つーか、電工ドラムを落とすとか、ほんと何をやってんだか。

この日、たまたまウチの前も工事をしてて、
その業者さんがいたから(目撃者がいたって意味)よかったけど、
誰も見てなかったら逃げちゃったかもしれねーもんな。

翌日、近所の現場の責任者がきて話をした。
全額弁償しますと。
ま、当たり前だわな、そんなこと。

自分の家の敷地内に車とバイクを置いてあっても、
壊されちゃうって、いったいどうすりゃいいんだよ(^^;

0 件のコメント:

コメントを投稿